オリゴ糖の摂取量

天然の食材ですから、オリゴ糖に薬のような副作用の心配は、あまりありません。そうはいっても、気を付けておきたいポイントはあります。それは、一度に過剰に摂取するとお腹がゆるくなる可能性があるということ。人によっても影響が異なりますが、消化吸収されにくいオリゴ糖は、大量な摂取で便秘解消を通り越してしまうことがあるのです。これは、食物繊維を摂り過ぎたときと同じデメリット。摂取量には気を付けておくのが、上手にオリゴ糖を活用する方法です。

オリゴ糖を成人が摂取するとき、1日に適量とされているのは約5gです。もともと、お腹が敏感な人は、3gくらいから始めてみるのが賢明。10gくらいまでは大丈夫という人もいますし、そのあたりには個人差があります。自分の適量を見つけるまで、こまめに1日の摂取量に変化をつけてみるのもおすすめです。

便秘をしている腸内環境は、良い状況とは考えられません。腸内環境が悪いときにオリゴ糖を摂取すると、はじめはガスが出やすくなることがあります。これは、腸内で善玉菌が不足している証拠。少ない善玉菌がオリゴ糖を食べても余ってしまうため、悪玉菌までオリゴ糖をエサにし始めるのです。すると一時的に悪玉菌が活性化されてしまい、腸内にガスがたまります。オリゴ糖の摂取を続けていれば、次第に善玉菌が増えていくので、安心してください。