オリゴ糖の種類

ひと口にオリゴ糖といっても、たくさんの種類があります。人間の体内にも、オリゴ糖が存在するほど。中でも、人と相性がよいオリゴ糖には、ガラクトオリゴがあります。母乳に含まれるオリゴ糖で、乳児の体内にビフィズス菌を作り出す役割を持っています。日常的に身近な存在のオリゴ糖というと、フラクトオリゴがあります。野菜やハチミツの甘みになっているオリゴ糖で、消化吸収されにくく、腸まで届きやすいのがポイント。オリゴ糖の中では、甘みを感じやすいのも特徴です。

ラフィノースとも呼ばれるビートオリゴは、さわやかな甘みで消化吸収されにくく、腸まで届きやすいのが魅力。乳果オリゴには超・難消化性があり、フラクトオリゴやビートオリゴ以上の消化吸収されにくさを持っています。とうもろこしなどからとれるキシロオリゴは、希少性が高く、甘みを感じやすいのがポイント。ラクチュロースの別名を持つミルクオリゴは、乳糖由来で腸に届きやすい反面、牛乳に弱い人には不向きな面もあります。比較的安価で甘みが強いイソマルトオリゴは甘味料としても知られていますが、腸には届きにくいのが難点です。目的に合ったオリゴ糖を選ぶことで、効果的に便秘を改善しましょう。